ガードレール?

ガードレールとは - コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ) - ガードレールの用語解説 - (1)自動車が道路わきへ飛び出したり、崖(がけ)下に転落する危険を防ぐために、路側(ろそく)や歩道・車道の境界や高速道路の中央帯に設ける防護柵(さく)の一種。防護柵には、ガードレール、ガードパイプ、ボックスビーム、ガードケーブル、オー...

「車道と歩道を分ける、丸いパイプが3段くらいあるアレってガードレールでいいんだろうか??」と疑問に思って調べてみた。
すると丸いパイプのはガードパイプという物体であることが分かった。
ガードレールという言葉は、狭義ではビームと呼ばれる板状のものが貼り付いているもので、広義ではパイプ、ビーム、ケーブル等々の総称である。

最近は白以外のガードレールがあるがその理由は景観のためだそうだ。

2004年(平成16)に美しい道路環境を創造していく観点から、防護柵には地域特性に応じた景観への配慮を行うことが義務づけられた

コトバンク – 防護柵 より

コメント

タイトルとURLをコピーしました