ジャンルを問わず管理人の気になったことや調べたことを、実際にやってみたりした記録

けっきょく、よはく 余白を活かしたデザインレイアウトの本


けっきょく、よはく 余白を活かしたデザインレイアウトの本

webサイトや紙などに情報を配置するとき、伝えたいために情報を詰め込んでしまうことがある。しかし情報量が多くなると伝わりにくくなる。また、「余白」という言葉は「周囲の空白」という意味にとられる。
本書では余白という、情報の周囲の余裕があることで伝えたい情報を際立たせる方法を多数の例で紹介している。
余白の取り方として画像の切り出し方、文字の大きさ、配置、色の組み合わせによって余白を生み出す方法についても解説している。


にほんブログ村 その他日記ブログへ