– 広告 –

 

インストール

最新版の確認とソースコードのダウンロード

proftpdのサイトから最新版のダウンロードが出来る。2003/10/31に1.2.9がリリースされている。
ここのCurrentVersionsのCurrent: 1.2.9の続きのgzのリンクからproftpd-1.2.9.tar.gzをダウンロードする。
ここから先の作業はrootで行う。

ダウンロードファイルの伸長

ダウンロードしたディレクトリに移る。
以下の操作でダウンロードしたファイルを伸長して、生成されるディレクトリに移る。

gunzip proftpd-1.2.9.tar.gz
tar xvf proftpd-1.2.9.tar
cd proftpd-1.2.9

コンパイル

以下の3つのコマンドを実行する。

./configure make make install

これらはそれぞれ数分かかるのでしばし待つ。

環境設定

ftpサーバを立ち上げる前に環境ファイルを設定してく。ここでの設定はftpサーバを使うのに最低限のものである。
/usr/local/etcへ移り、環境ファイル(proftpd.conf)のバックアップをとっとく。

cd /usr/local/etc
cp -p proftpd.conf proftpd.conf.org

直すところは、

Group nogroup

となっているところを

Group nobody

とするだけ。この変更をしないでftpサーバを立ち上げようとすると、

nogroupなんてグループはない

と怒られて立ち上がらない。

テスト

起動してみる

cd /usr/local/sbin
./proftpd

これだけでOK。

テスト

Windows機の

コマンドプロンプト

ftp www.xxx.yyy.zzz
www.xxx.yyy.zzzはサーバのIPアドレス)

と入れて、

Connected to www.xxx.yyy.zzz (www.xxx.yyy.zzz). 220 ProFTPD 1.2.9 Server (ProFTPD Default Installation) [hydrogen] Name (www.xxx.yyy.zzz:entropy):

と出てくればOK
hydrogenのところは、OSインストール時のネットワークの設定で指定したホスト名になる。
ここで
ユーザ名とパスワードを入れて

ftp>

となればよし。

quit

と入れれば、ftpへの接続を切る。

自動起動

サーバを再立ち上げしなければならないとき、ftpサーバが自動で立ち上がるようにしておく。

環境設定

環境ファイルに自動起動用の指定をする。

cd /usr/local/etc

直すところはproftpd.confの、

ServerType

とある行の

standalone

inetd

にする。

起動ファイル

OSの立ち上げ時に自動起動するには、ディレクトリ /etc/xinetd.dに任意にファイルをつくり、それに自動起動の情報を書いていけばよい。
このftpサーバを自動起動するには、以下のように書けばよいらしい。ここではファイル名をproftpとする。

# default: on
# description: The Pro-ftpd FTP server serves FTP connections. It uses \
# normal, unencrypted usernames and passwords for authentication.
service ftp
{
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/local/sbin/in.proftpd
flags = REUSE
protocol = tcp
# disable = yes
}

#で始まる行はなくてもよい。このファイルを作ったら、

chkconfig proftp on

続けて

chkconfig –list proftp
proftp オン

となればOK!!

コメントを残す