DB_Fileは、Berkeley DBをperlで使えるようにするものである。そのためDB_File単体では意味を持たない。また、Berkeley DBがインストールされていないとDB_Fileもインストールできないらしい。


– 広告 –

 

BerkeleyDBのインストール

ダウンロード

これはBerkeley DBのホームページからダウンロードできる。
ここの、DOWNLOADProductDownloadsに入り、

Berkeley DB releases WITH strong cryptography:
Version 4.1.25 (GNU gzip/tar format) 3.0MB

のリンクからdb-4.1.25.tar.gzを任意の場所にダウンロードする。
ダウンロードしたディレクトリに移動して、db-4.1.25.tar.gzを伸張する。

tar zxvf db-4.1.25.tar.gz

コンパイル

伸張した時に作られるディレクトリに移動し、その中にあるdistディレクトリに入り、コンパイルをする。

cd db-4.1.25
cd dist
./configure
make

ここで

 

su

でrootに代わり、以下のコマンドを実行する。

make install

Berkeley DBのインストールはこれで完了。

DB_Fileのインストール

ダウンロード

DB_Fileのperlモジュールは、CPANのホームページからダウンロードできる。
2003.10.14現在、http://search.cpan.org/~pmqs/DB_File-1.806/から最新版をダウンロードできる。
このページの、DownloadのリンクからDB_File-1.806.tar.gzを任意の場所にダウンロードする。

ダウンロードしたディレクトリに移動して、DB_File-1.806.tar.gzを伸張し、作られるディレクトリに移動する。

tar zxvf DB_File-1.806.tar.gz
cd DB_File-1.806

ファイルの設定

config.inの、下記のキーワードの値を編集する。

キーワード設定値
INCLUDE/usr/local/BerkeleyDB.4.1/include
LIB/usr/local/BerkeleyDB.4.1/lib

これらの設定値は、BerkeleyDBライブラリのインストール場所になる。

コンパイル

コンパイルは以下の手順で行う。

perl Makefile.PL
make
make test

ここで

su

でrootに代わり、以下のコマンドを実行する。

make install

 

コメントを残す