ジャンルを問わず管理人の気になったことや調べたことを、実際にやってみたりした記録

ガードパイプというらしい

「車道と歩道を分ける丸いパイプが3段くらいあるアレに、木を模したものがあったのでまじまじと見てみた


車道と歩道を分ける、丸いパイプが3段くらいあるアレってガードレールでいいんだろうか??」と疑問に思って調べてみた。
すると丸いパイプのはガードパイプという物体であることが分かった。
ガードレールという言葉は、狭義ではビームと呼ばれる板状のものが貼り付いているもので、広義ではパイプ、ビーム、ケーブル等々の総称だそうだ。

ガードパイプは白だけではなくて、↓こんなのもある。

木のガードパイプ
木の風合い
木のガードパイプ(切り株)
ちゃんと年輪もある

木の風合いがあり、ちゃんと年輪とヒビもある。
別のところにこのタイプのガードパイプがあるのは知ってたけど、時々通る道にも同じものがあることにまったく気づいてなかった。

で、この木の風合いのあるガードパイプって、いつ頃から出てきたのかを調べてみたら、2004年(平成16)に「景観へ配慮することが義務付けられた」そうだ。

2004年(平成16)に美しい道路環境を創造していく観点から、防護柵には地域特性に応じた景観への配慮を行うことが義務づけられた。

コトバンク – 防護柵より
にほんブログ村 その他日記ブログへ