https://www.sophiacat.com/blog/design/font2.html

タイトルや本文のフォント(ゴシック系か明朝系か)をどのように決めればよいかの解説である。

本文には細い字を使う。
日本語の長文では明朝または細いゴシック体を使う。これは太い字だと紙面が黒くなってしまうからである。日本語の文字は画数(線)が多いからか?
英語の長文ではセリフを使う。これは可読性に優れているからである。

タイトルには太い字を使う。
タイトルにはゴシックやサンセリフを使う。タイトルにはここから始まるという、区切りという性質がある。そのため、視認性を高めるために太い字を使う。

コメントを残す