https://note.com/nikoko/n/n657bc371837c

UIのデザインにはオブジェクトベース、タスクベースの二種類がある。これらは、最初に何をするかに違いがある。
タスクベースは何をするかという動作を選択する。
オブジェクトベースは動作の対象物を選択する。
ここでMS-DOSが主流の頃に見たMacintoshの画面を思い出した。MacintoshのOSやアプリの操作は何をどうするという、この記事のテーマと同じ操作方法だったのである。
オブジェクトベースにするとUIデザインが簡潔になりその結果使い手にもわかりやすくなるという利点がある。

コメントを残す