3行しか書けない人のための文章教室

3行しか書いてない文章をいい意味で「盛って」読み手にもっと伝わったり臨場感のある内容にする方法が書いてある。
タイトルのように3行しか書けないと、読み手は「だから何?」で終わってしまい、内容が読み手に伝わらないか軽い内容にしか伝わらなかったりする。

読み手に伝わる文章にするには、文の要素である5W1Hの中のWHYを他の4Wと1H付けて、状況説明やその行動をとった理由を書いていく。場合によってはWHYにもWHYを書いていく。
他にも、状況、行動、変化を意識したり、修飾語を説明する(例:「可愛い」ではなく「どのように可愛いか」を具体的に表現する)と状況説明やその行動をとった理由が明確になり、読み手に伝わりやすくなる。

この本を読んでもすぐに長い文章が書けるようになるとは限らない。この投稿ももっと長く書けるはずである。本書を何回か読み返し、他の書評や記事を書いていかないと。

コメントを残す